上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます


「インド一人旅 カジュラホー観光情報」



▼ カジュラホー基本データ ▼
必要最低観光日数: 1日
人間: インドで一番ひねくれている
物価: インドの中では普通
安宿: ある
ネット: 1時間40ルピー




▼ カジュラホ都市説明 ▼
この町に着く前のバスに乗っている時から、宿の客引き争奪戦に巻き込まれます。
次から、次へと隣の席に座ってきて、自分の宿をプレゼンしていきます。
そのプレゼン方法が、また、いやらしい感じです。

その宿の主人はヤクザだ。
とか、あのホテルは、そこの腐敗した溜池の水で料理してるとか、
あのレストランに行くと、必ず腹を下すとか。
他のインド人を指して、こいつは、危険な人物だ。とか。
とにかく、人をケナシまくります
他人をけちょんけちょんに言う町、それが、カジュラホです。

こんなのでよく、町がうまくいってるなと思ってしまいます。
女性は、この町で、セクハラにあいやすいとのことです。




▼ カジュラホおすすめ見所 ▼
以下の場所だけはおさえておきましょう。

カジュラホの寺院群西(8点/10点中)
世界遺産です。有料です。
セクシー遺跡です。69、複数プレイ、動物とのSEXなどが、
彫刻として彫られています。
お金を払って入る敷地内に隣接するように「マタンゲーシュワラ寺院」がありますが、
これが、必見です。村一番の大きいチンコが祭ってあります。タダで入れます。



カジュラーホーの寺院群東(6点/10点中)
世界遺産です。無料です。
西群から、歩いて15分くらいです。
カジュラホーの寺院群西と似てます。



カジュラーホーの寺院群南(4点/10点中)
世界遺産です。無料です。
西群から、歩いて40分くらいです。
途中で、小さな村を通りますので、見学しましょう。
エッチなキーホルダーは10ルピーで買えます。
カジュラホーの寺院群西と似てます。




▼ カジュラーホーおすすめ観光日程 ▼
1日目
夕方頃、カジュラホバス停に到着する。
そこから、歩いて10分でレイクサイドホテルまで移動。
リークシャは必ず、遠いから乗っていけといいますが、まったく必要ないです。
近くのShiva Jantaというレストランで夕食を食べる。
このレストランは地球の歩き方に載ってます。安くて、うまいです。
その後、ネットをしに大通り(西群と東群を結ぶ道路)へ。
20ルピーが、インド人プライスで、観光客は40ルピーとられますが、
何件かネカフェがあるので交渉してみましょう。

2日目
朝7時から出発して、
①カジュラホの寺院群西
②カジュラホの寺院群東
③カジュラホの寺院群南
すべてを見ましょう。一日で、歩いて見にいけます。
西群と東群と南群は、だいたい同じなので、お金のない人は、
無料の東群、南群のみに入場しましょう。
お金のかかる西群には入らずに、西郡に隣接する「マタンゲーシュワラ寺院」は
無料で入れますので、そこから西郡の様子を見ることができます。


3日目
午後三時に、バラナシへのバスがあります。
これに乗りたかったのですが、祭日でこれに乗れませんでした。
なので、マホバという町までバス(5時間40ルピー)で行き、
そこから列車(9時間200ルピー)でバラナシに行きました。
ただし、この方法はお勧めしません。
なぜなら、マホバは治安が良くないこと、駅でかなり待たされる(5時間)こと、
列車(9時間)に乗ってからも満席で寝台はとれないこと。
寝台が取れないと、ぎゅうぎゅう詰めのなぜか濡れた汚い床で寝なければなりません。
私は、極度に疲れていたので、乗車後、賄賂300ルピーを渡して、
なんとかエアコン寝台をゲットしました。



▼ 私の泊まった安宿・安ホテル ▼
・レイクサイド
地球の歩き方に掲載されています。
遺跡西群まで、徒歩5分。
インドの宿にしては、部屋も綺麗です。
朝に無料のヨガ教室を屋上でやっています。
まあ、ここに泊まってよかったです。
シングル 交渉の末 80ルピー




←[アーグラ観光情報][バラナシ観光情報]→



▼他の記事も見てみる▼
⇒ インド・ネパール3ヶ月のルートと日程

⇒ インドで下痢になった人々へ

⇒ 逆にインド人をだましてみる
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます





* E-mailは、サイト上に表示されず、管理人のみに伝わります。
管理人のみに連絡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。