上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます


「インド アーグラ観光情報」



▼ アーグラ基本データ ▼
必要最低観光日数 : 2日
ネット:カマルホテル周辺に日本語あり
人間: インドで一番悪い
物価: インドの中では高い
安宿: ある




▼ アーグラ都市説明 ▼
ここは、デリーと並んで、インドで一番感じの悪い町と考えていいでしょう。
だいたいの日本人がここで被害にあいます。
特に、駅前に群れているリークシャとは、もめることが多いです。
理由としては、旅行者が、まだ、インドになれていないので、インド人からみて、
旅行者を操作しやすいこと、インド随一の観光地であるタージマハルがあるので、
客の金払いがいいことでしょう。

アーグラ駅から降りると、リークシャがよってきて、彼らオリジナリティ溢れるツアーまで
組ませようとします。必要がないなら、きっぱり断りましょう。
 デリー、アーグラときて、だまされたり、仲良くなったと思っても
結局最後に金の話をされたりするので、人間不信になっている旅行者も多いです。
ここを乗り越えればインドはたのしくなってくると思います。



▼ アーグラおすすめ見所 ▼
以下の場所だけはおさえておきましょう。

タージマハル(8点/10点中)
言わずと知れた世界遺産です。この建物は嫁の墓です。
これが目的でインドに来る方も多いと思います。
タージマハル北側の川の対岸に渡って、写真を撮る人も多いようです。
最近は、大気の汚染がひどく、タージマハルの大理石にも影響を与えているようです。
園内に大気汚染の度合いを測る電光掲示板がおいてありました。



アーグラ城(6点/10点中)
世界遺産です。
まあ、デリーのラールキラーに似ているので、見なくてもいいといえばいいです。
世界遺産フェチの私は見ました。
ここから、見えるタージマハルの写真を撮る人が多いです。



ファテープル・スィークリー(8点/10点中)
世界遺産です。
巨大な城です。アーグラ城のような要塞と、モスクが隣接して立っています。
ここまで来ると、要塞はちょっと飽きてきますが、
いままでの要塞の中ではトップクラスの要塞でした。
しかし、隣にあるモスクがすばらしい。このモスクは必見だと思います。
モスク内では、ガイドを押し売りしてきます。
英語が分かる人であれば良いガイドだと思いますので、雇ってあげてください。
学生がお勧めです。お金もいらないから、ガイドをやらせてくれと言ってきます。
でも、最後にモスク内の露店に連れて行かれて、ゴザの上の商品を買ってくれと言って来ます。
私は買わなかったのですが、今、思えば良いガイドであったので、
買ってあげればよかったと後悔しています。
危険はまったくありませんでした。




▼ アーグラおすすめ観光日程 ▼
1日目
昼頃アーグラ・カント駅に到着する。
そこから、リークシャでタージマハル近くのカマルホテルまで移動。
そこからタージマハル周辺を散歩。タージマハル北側にヤムナー川があるので、ボートで渡してもらい(激高の往復100ルピーだった・・・)、
対岸から川を入れた夜景のタージマハルの写真を撮る。

*ニューデリーからの電車で、昼頃アーグラに到着します。
このままタージマハル・アーグラ城を見て、
日帰りで、ニューデリーまで帰っていく人も多いです。

2日目
朝7時から出発して、①タージマハルと②アーグラ城をまとめて見に行く。
タージマハルから、アーグラ城は、十分歩ける距離です。
なんと、両方ゆっくり見たのに、昼前に終わってしまった。
明日、③ファテープル・スィークリーにいくため、また、明後日カジュラホに行くため、
イードガー・バススタンド近くのサクラホテルにオートリークシャで移動。

3日目
③ファテープル・スィークリーにローカルバスで行く。
イードガー・バススタンドから、6:00~20:00の間30分おきに出ているので、それを利用。
だいたい一時間ちょいで着く。
ファテープル・スィークリーは、2~3時間あれば、全部見れる。
急いでいる方は、2日目、3日目のプランを一日にまとめることも可能。
ただ、かんなり疲れると思いますが。
帰ってきてから、カジュラホの行き方をバス停で聞く。

4日目
朝四時に起きて、イードガー・バススタンドへ。
寝ているインド人達を叩き起こし、やっとこさ、乗るバスを見つける。値段は、141ルピー。
12時間後にはカジュラホに到着しているはず。



▼ 私の泊まった安宿・安ホテル ▼
・カマル(タージマハル付近)
地球の歩き方に掲載されています。
インドの宿にしては、部屋も綺麗で、屋上は夜レストランになり、
タージマハルを見ながら食事
をすることができます。
なかなかの良い雰囲気に少しびっくりしました。
まあ、ここに泊まってよかったです。
シングル 200ルピー

・サクラホテル(イードガー・バススタンド近く)
地球の歩き方に掲載されています。
次の日の早朝のカジュラホーへのバス移動のために泊まりました。
インドの宿にしては、部屋も綺麗です。
他都市の行き方や、切符のことなど相談に乗ってくれました。
ただ、鍵を開けていたら、従業員が自然に部屋に入ってくるので、
それは断った方が良いでしょう。
シングル 200ルピー。



←[デリー観光情報][カジュラホー観光情報]→



▼他の記事も見てみる▼
⇒ インド・ネパール3ヶ月のルートと日程

⇒ 体感!ヒンズー教(ヒンドゥー教)のカースト制度

⇒ 逆にインド人をだましてみる
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます





* E-mailは、サイト上に表示されず、管理人のみに伝わります。
管理人のみに連絡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。