上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます


「ネパール カトマンズ観光情報」



▼ カトマンズ基本データ ▼
必要最低観光日数: 3日
ネット: 日本語ありで安い
人間: 良い
物価: 普通
安宿: 多数、まあ安い




▼ カトマンズ都市説明 ▼
世界的に有名な沈没地のカトマンズです。たくさんの日本人がここで沈没しています。 
宿代は、安いし、飯もそこそこうまいですし、
旅行者にとって便利なので、その気持ちは分かります。
モモという、チベットから伝わってきた餃子のようなものがうまいです。
また、タメル地区には、夜になると激安販売をするパン屋さんがあります。
まあ、なにより、見るべき所もたくさんあり、どれも見ごたえがあります。




▼ カトマンズおすすめ見所 ▼
以下の場所だけはおさえておきましょう。
ダルバール広場(8点/10点中)
カトマンズの中心の世界遺産。ネパールの美しい町並みが残っています。
サドゥ(修行僧)や、街に生きる人を見ているのも面白いです。
この広場は、そこそこ広く見所が広がっていますが、2時間もあれば十分すぎます。
入場に200ルピー必要ですが、払わなくても入れそうです。



スワヤンブナート(9点/10点中)
世界遺産です。小高い丘にあり、ネパールの音楽が流れていて、
非常に気持ちのいい場所です。
中心に、でかいストゥーパがありますで、右回りにガラガラを回しながら回りましょう。
また、サルが大量発生していますので、少々注意です。
ここは、絶対にはずせないポイントです。
入場に100ルピーかかります。



パタン(8点/10点中)
カトマンズのダルバール広場に似ています。時間があれば訪れてみてください。
パタンよりバクタプルの方が雰囲気があり、広いのでお勧めです。



ボダナート(9点/10点中)
ネパールに来たならここへは絶対訪れてください。
巨大なストゥーパがあります。雰囲気もそうですが、何かおもしろいところです。
ストゥーパの周りのカフェに入って、ゆっくりするのもお勧めです。



バクタプル(9点/10点中)
カトマンズのダルバール広場、パタンと、似たような町並みですが、
ここが一番雰囲気があって良かったと思います。
バクタプルでもう1つ有名なのがヨーグルトです。
ズズダヒと呼ばれ、王様のヨーグルトという意味らしいです。
味は、是非試してみてください。25ルピー。



アサン広場とインドラチョーク (7点/10点中)
タメル地区は、観光客用の値段で高いので、アサン広場周辺で買い物をすることをお勧めします。
日本人の買い付けをする人など、多く見られます。
買うものもがなくても、ここはいつも込み合っている庶民の広場ですので、
ネパールを体験する意味でも是非行ってみてください。



ナガルコット(8点/10点中)
ヒマラヤの山々に囲まれており、朝日を見るのに良い所です。
宿泊施設も数多くあり、歩かずに行くことが出来るため、非常に人気があります。
ネパールに来て、ヒマラヤを見ないのはもったいないですので、
トレッキングなど行く予定がないのでしたら、ナガルコットをお勧めします。
日帰りは、かなり無理があるので、最低、一泊二日で行きましょう。



▼ カトマンズおすすめ観光日程 ▼
1日目
カトマンズのタメル地区に安宿があるのでそこが基点になります。
15分くらい歩くと①ダルバール広場があるので、そこでゆっくりします。
この広場は、そこそこ広く見所が広がっていますが、2時間もあれば十分すぎます。
ついでに、⑥アサン広場や、インドラチョークで買い物を楽しみましょう。
ここを堪能した後、世界遺産である②スワヤンブナートまでいきましょう。
30分も歩けばつきます。急な階段もあります。ここも一時間くらいあれば満足できます。
その後、宿でゆっくりしてもいいですが、カジノがありますので行って見ましょう。
タメル地区から歩いて30分くらいでしょうか。
ビールとか、飲み物がただです。格調の低いところがちょっと面白いです。
日記によると、6ドル勝って、やめたらしいです、俺。しょぼっ。

2日目
朝から、③パタンとネパール最大のストゥーパのある④ボダナートを見に行きましょう。
パタンへは、ミニバスで8ルピーです。ここも、有名な街並みで世界遺産の一部だと思います。
カトマンズの①ダルバール広場よりもいい感じです。
ここもお金を払う必要がありますが、交通量が多いので払わなくても分からないと思います。
2時間もあればここは十分楽しめます。
次に、カトマンズまで一旦戻り、次は、ボダナート行きのバスに乗ります。
ここも、すばらしい場所なので、二時間くらいはゆっくりしてください。
その辺で、お茶を飲んでもいいと思います。
その後、宿に戻ってゆっくりします。

3日目
朝8時くらい、⑤バクタプルを見に行きましょう。バスで15ルピーです。
余力があれば、チャングナラヤン(6点)へも行って見ましょう。
バクタプルから、またバスを乗り継いで行きます。徒歩だと1時間らしいです。
チャングナラヤンは1時間、バクタプルは2時間くらいあれば楽しめます。
その後、カトマンズに戻り、アサン広場や、インドラチョークで買い物を楽しみましょう。
これだけやれば、カトマンズはOKです。



▼ 私の泊まった安宿・安ホテル ▼
有名な日本人宿、ホーリーランド ゲストハウスへ。
シングル100Rs。お湯はソーラーシステムのため、
夕方の段階でみんながお湯を使い果たしますので夜は冷水です。
近くに安い日本語のネットがあります。
うまい飯屋も近くにあるので、お勧めです。
エベレストトレッキングに行くなら、近くにのぞみトレックがあるので、
聞いてみてください。
また、タメル地区にある日本人のたまり場旅行会社『アティティツアーズ』は、
親切で低料金でした。漫画があり、ネットもタダでさせてくれます。



▼ 次の都市へ ▼
次の目的地は、エベレストを見るトレッキングです。
ホーリーランド ゲストハウスの目の前ののぞみトレックというお店で、
頼みました。 詳細は、次に書きます。



←[ポカラ観光情報][エベレストトレッキング観光情報]→


▼他の記事も見てみる▼
⇒ インド・ネパール3ヶ月のルートと日程

⇒ インドを100倍楽しむためのまめ知識

⇒ 逆にインド人をだましてみる
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます





* E-mailは、サイト上に表示されず、管理人のみに伝わります。
管理人のみに連絡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。