上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます


「ネパール一人旅 ルンビニー観光情報」



▼ ルンビニー基本データ ▼
必要最低観光日数: 1日
日本語インターネット:見当たらず
人間: 良さげ
物価: なにも買いませんでした
安宿: 寺にとまるのが普通(宿泊費は寄付なのであなた次第)



▼ ルンビニー都市説明 ▼
だだっぴろくて、なにもない所です。
確かに、聖地っぽい雰囲気で、とにかく静かです。
インドとの違いにビックリモンキーです
日本寺、韓国寺、中国寺、タイ寺など、いろんな国が、寺を建てています。ネットがつかえないのと、飲んだり騒いだりはできないので、寺生活を楽しみにきたのでなければ、長くいるのはつらそうです。



▼ ルンビニーおすすめ見所 ▼
以下の場所だけはおさえておきましょう。
お釈迦様が生まれた場所(7点/10点中)
お釈迦様の四大仏跡の一つで、お釈迦様が生まれた場所です。
世界遺産です。
カメラ持込料込みの入園料は、85ルピーです。
菩提樹は趣があり、カラフルな旗が無数につけられていました。
根こそぎ、欲しくなりました。
実際に、お釈迦様が生まれたのは、菩提樹から離れたところで、
そこは建物の中にあり、正確な位置が示してあります。



各国の寺(3点/10点中)
あえて、まわるものなのか、分かりませんが、
各国で違いがあっておもしろいかもしれません。



▼ ルンビニーおすすめ観光日程 ▼
1日目
夕方だったので、お寺で晩御飯を頂いて、
一時間ほど座禅を組む時間があるのでそれに参加してみましょう。
あとは、周りをゆったり散策し、空気を読んで早く寝ましょう

2日目
朝から、お釈迦様が生まれた場所に行って見ましょう。
朝が気持ちよく、人も少ないので良い感じです。
道中も、神聖な感じでよい感じです。
韓国寺から、徒歩15分くらいです。
ここは、一時間も見れば、満足します。
その後、各国の寺を見て回ってもいいかもしれませんが、
一つ一つが遠いので結構大変です。



▼ 私の泊まった安宿・安ホテル ▼
その時、韓国人旅行者と一緒に行動していたので、
韓国寺に泊まることになりました。
三食でて、食べ放題、キムチも食べれます。
朝晩の二回の座禅があります。座禅は出席しなくても、大丈夫です。
チェックアウトのときに、お布施を払います。
私は、50ルピー払いましたが、いくらでもかまわないとのことです。
とにかく飯に大満足でした。



▼ 次の都市へ ▼
次の目的地は、ネパールのポカラです。
ワゴンで六時間かけて、ポカラに行きました。
途中の道がかなりの絶景です。
運転が荒く、崖から落ちるんじゃないかとひやひやものでした。
フィリピンの棚田は世界遺産ですが、ポカラへの道中にも
ひけを取らない棚田が広がっていました。



←[バラナシ観光情報][ポカラ観光情報]→



▼他の記事も見てみる▼
⇒ インド・ネパール3ヶ月のルートと日程

⇒ 体感!ヒンズー教(ヒンドゥー教)のカースト制度

⇒ 逆にインド人をだましてみる
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます





* E-mailは、サイト上に表示されず、管理人のみに伝わります。
管理人のみに連絡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。