上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます


「ヒンズー教(ヒンドゥー教)のカースト制度について」



インド国民の7割がヒンドゥー教徒です。


そして、悪名高いカースト制度は、ヒンドゥー教のものです。


しかし、結構、軽いところもあって、

他宗教からヒンズー教に、改宗することはウェルカムらしいです。

ただ、最下層(奴隷)からのスタートとなります。

すごいシステムです。

普通に、嫌です。

嫌すぎます。



仏教徒は衰退していく過程で、ヒンドゥー教に取り込まれ、

最下位の奴隷として取り込まれていったそうです。


この仏教の衰退ぶりは、エローラやアジャンタなどの世界遺産の遺跡を

見ても分かります。 遺跡を順番に見ていくと、途中から遺跡が

仏教から、ヒンズー教にいきなり変わりますから。

ビクッってなります、その変化に。


知らないおっさんが、カメラのことを、「キャメラ」と呼んだとき、

ビクッってなりますよね? あれと同じです。


そして、カースト間の移動は認められておらず、また、カーストは親から子へと

受け継がれ、結婚も同じカースト内で行われます。


 つまり、便所掃除カーストの人は、同じ便所掃除カーストの人としか

結婚できず、子供も便所掃除カーストということです。


いつまでたっても、そのカーストをでることができません。

つまり、タラちゃんは、何十年経っても、タラちゃんだということです。



ヒンズー教は、輪廻、因果応報の考え方が強く、今そのカーストに

いるということは、前世の行いの結果だとし、それを受け入れなさい

という考え方で、その上で、がんばれば、生まれ変わった時、

上位のカーストにいけるし、逆に、だらければ虫にもなりうるという

考え方です。


「えっ? サザエさんの登場キャラって、

全部、魚から名前とってんの!!???」


と初めて知った、大学2年の夏を思い出します。

えー、つまり、こんなだらけっぷりでは、いけないということです。


前世の行いが今に反映されているというのは、否定できなくもないですが、

自分の今いる状況を受け入れ、そして努力を促すという考え方自体

それほど悪いものではないと思われます。


また、独立心の低いインド人にとって、ヒンドゥー教によって生まれた

時から仕事が決まっており、社会の共同体の一部として生きていける

ことは助かる面もあるとのことです。


インド人の名前には、カーストの階級が含まれているので、

その人の名前でカーストが分かります。

インド旅行中に何度も同じ名前を聞いた気がしていたのですが、

それはみなホテルの清掃員だった記憶があります。

彼らは、清掃員のカースト名で呼ばれていたのでしょう。


インドの小さな村に行ったとき、子供に、カースト制度のことを

好きか嫌いか聞いてみたところ、嫌いだと言っていたのが

非常に印象深かったです。


その後、その子供は、すぐに、道端で、ウンコをし始めましたが、

そのことのほうが、もっと印象深かったです。


その子供は、ウンコ中、なぜか私をずっとガン見していましたが、

そのことのほうが、もっと印象深かったです。


私の方が照れてしまい、顔をそむけてしまいました。


そこで、このガン見がどこまで続くのかが、気になったので、

そろそろと円を描きながら、背後に回ろうとしました。

ケツのあたりも、どんな風になってるか

見てみたかったこともありました。


すると、顔だけは、ひまわりのように、こちらに向けてくるので、


最終的には、 うんこをしながら、


こちらを振り返っている絵が完成しました。


私は、ここで完全に投了しました。 

85手目の出来事でした。



しかし、私がカースト制度を最も感じた瞬間は、

警官が目下のカーストの人を、警棒で本気で殴っていたときです。

もしかしたら、殴られている人が、なにか罪を犯したのかもしれませんが、

そんなに殴らなくてもいいのにと思うくらい殴ってました。


そして、たまに、かわしたりするもんだから、

もっと殴られてました



また、インドといえば、IT関連の仕事だと思うのですが、

このIT関連の仕事が急速に成長しているのは、

カーストに嫌気がさした人々がこの業界に集まってきているかららしいです。


というのは、IT関連の仕事は最近できた仕事なので、

カースト制度ができた昔には当然なく、どのカーストにも属していないからです。

その結果、身分に関係なく、ITの仕事につけるということがあります。


けれども、実際は、下層カーストの人々は、満足な教育をうけることが難しいので、

その結果、IT関連の仕事には就くことは難しいし、仮に優秀であっても、

上層カーストを占める幹部が下層カーストの人を重要なポストに抜擢することはなく、

このような新しくできた業界であっても、カースト制度の壁があるのが現状であるらしいです。



ちなみに、カースト制度はインドの憲法で禁止されています。



~他の記事も見てみる~

⇒ 逆にインド人をだましてみる

⇒ 物乞い(乞食)との付き合い方

⇒ インド人として日本へ入国
スポンサーサイト
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。