上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます


「インド一日の予算と豆知識」



▼ 予算と物価(通貨1ルピー=2円) ▼

1日の予算は、安くいくなら1000円以下に抑えられます。

ただ、長距離移動や、観光にかかる料金は除いて、

宿代、三食、近距離の移動くらいであればですが。

ま、人としてぎりぎりな線です。


~物価~
水1Lボトル       10ルピー
ラッシー(ヨーグルト)  8ルピー
チャイ(ミルクティー)  5ルピー以下
安宿           50~200ルピー
一食           10~60ルピー
インターネット一時間  15~50ルピー
バナナ1本         1ルピー





▼ インド人給与 ▼

安宿ホテルの清掃員は、月給2300ルピー

つまり、2300バナナーです。

生活は厳しいですが、経済はウナギのぼりです。

中流層の平均月収は8000バナナーです。

現物支給だと、泣きそうです。



▼ 使えるヒンドゥー語(ヒンズー語)講座 ▼

ナマステ = こんにちは。

シュクリア = ありがとう。

ジキジキ = SEX (インド人に言うとものすごく喜びます)

ナイチャイエ = いらん。必要ない。(1日2000回くらい使います)

*英語は結構通じます。



▼ インド映画 ▼

踊り長すぎ。

寝て起きたら、まだ、踊ってた。


まー、感想は、なんでしょうね。

寝てる時って、みんなもれなく、

はいてた靴下が片方脱げてると思うんですが、

そんな感じのあれでした。



▼ 列車の予約 ▼

次の都市に行く予定がある時は、早めに列車を予約するべきです。

なぜなら、インドの列車は慢性的に混んでいるからです。

予約が取れないことも、日常茶飯事です。

インド人が日中そこらへんに座って茶を飲んでるのも日常茶飯事です。

切符売り場で並んでいても、インド人は並ばないので、

ボサーっと並んでいると次から次へと横入りされます。

永遠に自分の番はまわってきません。一生このままか、オレ? とか、自問自答してしまいます。

悲しくなってきたら、オレって、もともと並ぶのが趣味だったんだぜーーー。

と自分を慰めると良いようです。

人の押し合う様は、パチンコの新装開店並なので、

今まで、使ったことのないようなパワーで割り込み返してください。

多少、りきみすぎで放屁してしまっても、いいじゃないですか。

まあ、なんだかんだで、切符を手にするまで一時間以上かかるので余裕を見ておいてください。

そして、なにより重要なポイントは、いざ、列車に乗り込んでから始まります。

やっと座席を見つけても、指定席で自分の席であるのにも関わらず、必ず、

自分の席に、見知らぬインド人が寝転がっているという所です。

いちいち、寝ているインド人を起こさないと、

自分の席にはありつけません。なに、この無駄労力?



▼ インド料理 ▼

ほとんどの食物がカレー味。

まあ、味はともかく、長靴いっぱい食べたいです。



タンドリーチキンなんて、普通のインド人は誰も食べてませんでした。

ここでは、チキンは肉の中では一番高級品です。


でもね、おれ、タンドリーチキン、大好物なんですよ。

え、理由ですか?

なんか、みんな、よく、不倫の言い訳する時って、

好きになった人に奥さんがいたとか、

好きになった人に旦那さんがいたとか、

ゆってるじゃないですか? ね? ね?


ってか、もう、まさに、それ!

おれの場合も、まさにそれで。

好きになったチキンが、タンドリーだっただけですよ。



ま、インドの料理の衛生状態はかなり悪いと言わざるえません。


食べ物として、うじ虫がわいた肉を出すこともあるみたいです。



▼ ターバンをまいたインド人 ▼

彼らは、シーク教という宗教で全人口の約2%しかいません。

生まれてから切ることが禁じられている髪の毛をターバンによって覆い隠しています。

また、公務員や軍人として登用されるなど社会的に活躍する人材を多く輩出しています。

ちなみに、ヒンズー教が73%、イスラム教が12%、キリスト教は6%で、

仏教はたったの0.7%です。




~他の記事も見てみる~
⇒ インド一人旅のルートと日程

⇒ 逆にインド人をダマしてみる

⇒ 下痢で死にそうになった人へ
スポンサーサイト
 

web拍手


↑ブックマークして頂けると
土下座して喜びます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。